<< 「新党発言は自粛を」自民若手、結束呼びかけ(読売新聞) | main | 両陛下、農林水産祭天皇杯受賞者とお会いに(産経新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<脳>運動で若返る マウス実験で証明(毎日新聞)

 加齢で減る脳の神経細胞の基が、運動によって再び活発に作られるようになることを、東京大の久恒(ひさつね)辰博准教授(脳科学)と大学院生の伊藤佳絵さんのチームが動物実験で突き止めた。19日発行の米専門誌ヒポキャンパス=海馬(かいば)=電子版に発表した。

 チームは、記憶や学習など認知機能をつかさどる「海馬」という部分に注目。人なら高齢者に当たる2歳以上のマウスを使い、海馬の神経細胞の基になる幹細胞を調べた。

 その結果、自由に走ることのできる環境で飼育したマウスは、十分運動できなかったマウスに比べて、幹細胞の増殖率は2.4倍高いことが分かった。また、運動する代わりに認知症治療薬アリセプトを投与すると、未投与のマウスに比べ3倍以上活発になることも突き止めた。

 アリセプトは、神経伝達物質アセチルコリンを保護する働きがある。チームは、アセチルコリンが運動で活発に分泌され、幹細胞の増殖を促していると結論付けた。

 久恒准教授は「運動が認知症治療薬と同様の役割を果たしている。人に同じ仕組みがあると考えられ、認知症対策に運動を取り入れる有効性が示されたのではないか」と話す。【元村有希子】

緊急発進、5年で最多=4〜12月、ロシア機が6割超−防衛省(時事通信)
「かぐやびな」製作が最盛期迎える 兵庫・上郡町(産経新聞)
鳩山首相、小沢氏23日聴取「その後は考えてない」(産経新聞)
政治とカネ、どこ吹く風 民主「予算優先」(産経新聞)
時効見直し、8割超が支持=凶悪犯罪で法務省が意見募集(時事通信)

スポンサーサイト

  • 2010.06.01 Tuesday
  • -
  • 09:48
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント

サチにバ イ ブ突っ込んだ状態でジェットコースター乗ったぞw
みんなキャーキャー言ってんのに
サチはずっとアンアン言って俺のチムポにぎにぎ(。・m・)ププ

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化 還元率
探偵事務所
出会いランキング
無料ホームページ
借金整理
モバイル ホームページ
2ショットチャット
selected entries
archives
recent comment
  • 愛子さま 少しずつ元気に 雅子さま終始付き添い(毎日新聞)
    みっくみく (08/27)
  • 愛子さま 少しずつ元気に 雅子さま終始付き添い(毎日新聞)
    とろろいも (01/13)
  • 愛子さま 少しずつ元気に 雅子さま終始付き添い(毎日新聞)
    桃医 (01/08)
  • 愛子さま 少しずつ元気に 雅子さま終始付き添い(毎日新聞)
    ソルバルウ (01/03)
  • 愛子さま 少しずつ元気に 雅子さま終始付き添い(毎日新聞)
    サキューン (12/29)
  • 愛子さま 少しずつ元気に 雅子さま終始付き添い(毎日新聞)
    こういち (12/24)
  • 愛子さま 少しずつ元気に 雅子さま終始付き添い(毎日新聞)
    ポリエモン (12/20)
  • 愛子さま 少しずつ元気に 雅子さま終始付き添い(毎日新聞)
    きんちゃん (12/16)
  • 愛子さま 少しずつ元気に 雅子さま終始付き添い(毎日新聞)
    パイン (12/11)
  • 愛子さま 少しずつ元気に 雅子さま終始付き添い(毎日新聞)
    ばきゅら (12/07)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM